レディー

ボトックス注射で人気のクリニック|副作用があるかも知っておこう

エラボトックス

医師

女性のお顔の悩みであるエラですが、お顔の一部であるため治療が難しい部分でした。また、その治療方法もハードルが高いものでした。過去に用いられていた治療方法は、エラの骨を手術によって削っていくという方法でした。この治療は大掛かりなものであり、手術後も一か月程度は大きな腫れが残るというものでした。実際に身体にメスを入れるという手術のため、思わぬ副作用を引き起こすこともあったのです。現在においても状況によって用いられる治療方法ですが、それでも過去に比べるとその数は大幅に減ったと言われています。それは何故でしょう。

張ってしまったエラを除去することに効果的な薬剤が登場したことが、エラ手術の件数を大きく減らすことに繋がりました。その薬剤とは、エラボトックスと呼ばれるものです。エラボトックスには筋肉の働きを緩める効果があります。対象の部位に注射することにより、筋肉の張りを和らげてくれます。この注射をお顔の気になるエラへ行なうことで、エラボトックスが働きエラが削られるというわけです。では、なぜ筋肉を緩めることでエラが取り除かれるのでしょう。その答えは、エラの仕組みにあります。エラには咬筋と呼ばれる筋肉が不随しており、ものを食べる時の「噛む」力の一部となっているのです。その咬筋に対してエラボトックスを注射することにより筋肉が萎縮し、小顔になるという仕組みなのです。この流れを見た時に、噛む力がなくなるという副作用を恐れる方もいらっしゃるかも知れません。しかし、心配不要です。噛む力に用いられるのは咬筋だけではありません。様々な筋肉が作用し合って噛むという行為が行なわれているのです。そのため、エラボトックスにより噛む力がなくなるという副作用はほとんどないとされているのです。

エラボトックスによる小顔効果は抜群です。咬筋の奥にはエラ骨が控えていますが、そのボリュームは咬筋に比べて小さいものとなっていることが一般的です。エラの骨を削るという治療よりも格段にリスクを抑え、高い効果を得られるのがエラボトックスの注射なのです。気になる持続効果はおよそ半年間程度とされていますが、ある程度継続して治療を行なうことで半永久的な効果が得られるという意見もあります。副作用がほとんどなく、長い間効果の持続が期待できるこのエラボトックス注射は、エラ骨削りの手術にとって代わる存在として注目を集めているのです。