レディー

ボトックス注射で人気のクリニック|副作用があるかも知っておこう

安全性を確かめる

顔を触る女性

ボトックス注射によって得られる利点は様々です。お顔のシワを除去したり、小顔に対して有効であったりもします。また、ふくらはぎに注射することで部分的な痩身を実現することもできるのです。こうした様々な利点があるボトックス注射に副作用はあるのでしょうか。その点を追ってみましょう。

ボトックス注射の副作用は、実はあまり無いとされています。安全性の高い優秀な治療方法なのです。しかしそれは百パーセントではないため、まれに出る副作用について確認していきましょう。一つ目の副作用は、痛みや内出血が起こることです。痛みについては、注射をする際に発生することがあります。通常、ボトックス注射の際には様々な痛み止めを使用します。局所麻酔であったり、ガスによる麻酔を用いたりします。それによって痛みはほとんど抑えられますが、まれに痛みが発生することがあります。それは、注射針の痛みではなく体内に薬剤が入り込むことによる痛みであることが多いです。この痛みが発生するかどうかはその人の体調や治療当日の環境により左右されますが、ほとんど発生しないものとされています。内出血については、避けることが難しい副作用です。注射によって内出血が発生するのはボトックスだけではありません。様々な注射で内出血が発生する可能性があるのです。ボトックス注射においては、術後のダウンタイムにより内出血を解消していきます。ダウンタイムとは、治療直後から身体の状態が完全に正常に戻るまでの期間です。一般的なボトックス注射は、内出血の発生を見越してダウンタイムをあらかじめ予定しているのです。

シワを除去する場合のボトックス注射は、顔に違和感を与える場合があります。その問題は、担当医による事前のカウンセリングと技術の高い治療によって回避されることがほとんどです。また、頭痛を発生させる場合もありますが、同様に回避可能です。そもそも頭痛については発生の確率が非常に低いとされています。